共有持分

皆さんは「再建築不可物件」というものをご存じでしょうか。再建築不可物件とは、その名の通り「建て直せない建物」のことをいいます。 火災や震災が発生した際に「避難経路」を確保するために、2m以上、公道に接していることが、日本の建築基準法で義務付けられています。しかし、その基準を満たせない場合は、新しく住居を建てることができないのです。 そのため、再建築不可物件は市場価値が低く、売却するのは、極めて困難・・・

記事を読む »

離婚は他人事。そんな一般家庭に突然の離婚騒動 “生涯の伴侶”として愛を誓い合い、一生添い遂げるのが「夫婦」というもの。それが理想ではありますが、夫婦の関係には「山あり谷あり」がつきものです。 結婚当初には、想像もしていなかったキッカケで三行半(みくだりはん)を突きつけられることも決して少なくありません。とりわけ、夫婦の共有財産が絡んでくると“ドロ沼の争い”に発展することも少なくないため、注意が必要・・・

記事を読む »

不動産の共有持分を売却する、あるいは共有持分でなにかトラブルが起きたときには弁護士に相談するのが一般的です。当事者同士の協議あるいは裁判で共有持分を分割し、売却する流れとなります。 今回は共有持分の分割の流れや方法、気になる裁判費用などを解説。共有持分のトラブルでお悩みの方はぜひご覧になって対策を考えましょう。 そもそも買取の流れとは? 共有持分を売却する際に重要なのは自分の持分を明らかにすること・・・

記事を読む »

これまで、土地の所有者が死亡した場合に自動的に相続義務が発生しても登記は義務ではなかったため、再建築不可物件や事故物件などを高く売れるまで相続登記をしないで放置している所有者が全国的に増加している状況でした。 他にも義務化されていなかったことで必要意義を感じずに相続登記を放棄している所有者も多いことから、法制審議会の民法・不動産登記法部会で「土地相続登記の義務化」と、「罰則」を設けられることが12・・・

記事を読む »

離婚する際に問題となるのが「家やマンションをどうするか?」ということ。特に夫婦共同名義で購入した物件は「共有持分」となっています。家を売却して住宅ローンを完済した上で財産分与を行うというケースも多いのですが、その際には多くの税金がかかります。今回はある夫婦の事例から、共有持分の物件を売却した際にかかる税金について考えていきましょう。 共有持分の売却で税金が高いハードルに 【登場人物】 夫(45歳)・・・

記事を読む »

都内一等地の不動産売却で仲介業者の真実を見た!体験者に直撃取材! 「所有している物件を売却したい」となった際、その相談先として真っ先に思い浮かぶのが「不動産仲介会社」ではないでしょうか。CMなどで目にする不動産仲介会社の姿から「信頼感」や「実直さ」など、ポジティブなイメージを抱いている方が少なくないと思います。しかし、それは“表向きの広告イメージ”にすぎません。 ほとんどの方はご存知でないと思いま・・・

記事を読む »

親の遺産を相続、共有持分が招いた壮絶な兄弟戦争 ドラマなどでもたびたびテーマとして取り上げられる「遺産相続トラブル」。他人事と思いがちですが、誰の身にも降りかかる可能性のある日常的なトラブルの一つです。とりわけ、遺産相続をめぐる兄弟間の争いは古今東西で絶え間なく勃発しています。まずは、遺産相続をめぐる典型的なトラブルエピソードをご覧ください。 遺産相続をめぐる泥沼ストーリー 【登場人物】母親(75・・・

記事を読む »

物件は登記によって所有者が決まりますが、必ずしも1人の所有物になっているとは限りません。夫婦での共有になっている物件や遺産分割協議がまとまらない物件の場合は共有物として持分しか使えず共有者の同意なしに売却することも不可能です。 共有持分の売却には弁護士への相談が一番!と考えていませんか?実はそれは間違いなのです!弁護士では共有持分物件の買取は致しません。弁護士は共有持分売却の際には当社のような買取・・・

記事を読む »

「一軒家しか親から遺産相続するものなんてないし、うちにはトラブルなんて無縁!」そう思っていませんか? 実は急に家(不動産)を相続するタイミングになって、「共有名義を今後どうするか」、「家を売るかそれとも住むか」を巡って、仲が良かった家族が親子・兄弟姉妹で対立するケースが意外に多いのです。 そうならないために、事前にどういう話し合いをすればいいのか、急に相続となった場合に解決する方法をご紹介します。・・・

記事を読む »

共有物件の売却は難しく、単独で売買することは認められていません。共有物件が問題になりやすい相続や離婚の時ですがうまく売却する方法はないのか?不動産そのものは売れなくても自分の持分のみをお金に換えることはできないのか? こちらでは共有名義の物件を売りたい方によくある疑問にお答えします。 共有持分の自分の持分のみの売却は可能 共有名義の物件は自分1人では処分ができず、使い続けるにしても他の共有者との関・・・

記事を読む »

次のページへ »

不動産売却プランナー