差し押さえ・競売物件

差し押さえ・競売物件でお困りではありませんか?

以下のようなことが当てはまらないでしょうか?

  • 住宅ローンを滞納し督促状が届いてしまった。
  • 3か月以上住宅ローンを払っていなかったら裁判所から競売通知書が届いた。
  • 身内や親友等の連帯保証人になったら債務者本人が雲隠れして多額の支払いをする羽目になった。
  • リストラに遭ってしまった、会社が潰れた、経営していた店が潰れた等の理由で収入が激減し住宅ローンが払えなくなってしまった。
  • 現金が少ないため相続税を支払うだけの余裕がなく、支払いを延滞。財産が差し押さえ処分を受けた。

差押え・競売物件とは

債務を支払えなくなると、債務者の財産が差し押さえられます。このとき物件が差し押さえられるとオークション形式の競売にかけられます。競売物件は市場価格よりも大幅に低い値段となり、本人は無償で追い出されてしまいます。手元に現金は残りません。

訳あり物件買取センターでは買い主となって競売を取り下げてからの任意売却が可能です。売却することができれば多少なりとも手元に現金が残ることでしょう。すでに競売にかけられているのなら一刻も早く競売の取り下げを考えましょう。

詳しくはこちら

督促から競売までの流れ

リスケジュール(返済の条件変更)可能期間※段階が早いほど金融機関からの柔軟な対応が期待できます。

督促状

滞納した分を一括で支払えば問題ありません。
この時点ではFP(ファイナンシャルプランナー)による無料相談などもご利用いただけます。

催告書

法的手続きへ移るための前提になる書類、言い換えると「金融機関からの最後通知」です。

来所依頼書

来所依頼書が来た場合可能な限り指示に従ってください。金融機関による相談機会が設けられる場合が多いです。この時すでに慢性的な延滞がある場合は、任意売却を決断されるのも手です!

住宅支援機構からご連絡

住宅ローンの滞納が3ヶ月経つと、住宅支援機構から再度書類が送られてきます。任意売却をする場合はこの段階から不動産業者の選定が必要となります。

最終通告

最終通告が来たら損害金を全額支払ってください。全額支払いが不可能な場合は残額の全てを一括で請求されるということになります。リスケジュールの最終期限です!!

任意売却が可能な期間※下の段階へ行くにつれ販売期間が短くなります

期限の利益の喪失予告
(最終督促)

支払の猶予のことを、債務者にとっての「期限の利益」と呼びます。期限の利益の喪失予告とは、支払の猶予を債務者が主張できなくなるという予告です。金融機関以外の債権回収会社(サービサー)から最終督促が送られてくる事もあります。 この時点で一括返済を行わなければ「任意売却」か「競売」のどちらかしか選択枝は残りません。

期限の利益の喪失

期限の利益の喪失は内容証明郵便で送られてくることもあります。
競売が近づいてきている段階です。

控訴手続移行通知書

裁判所によって不動産・給与の差押等、強制執行の手続きが行われます。本気で任意売却を検討いただく段階です!

競売申立予告の通知

競売申立予告の通知をそのまま放置すると競売になります。
競売まで残された猶予がかなり少ない段階です。

10現況調査について

「立ち入り調査」の通知です。可能であれば立ち会ってください。 立ち会いが出来ない場合であっても強制的に調査が実施されます。

11注意書

調査期間は通常1ヶ月〜2ヶ月ほどです。競売まではさらに1ヶ月〜2ヶ月かかるため、2ヶ月〜4ヵ月後には競売となります。(任意売却の販売期間は1ヶ月〜2ヶ月となります。販売期間はそこまで長くありません。)

12執行官・評価人の
現地調査

執行官・評価人(不動産鑑定士)が実際に目的物件の中に入り写真撮影や調査を行います。(調査を終えた執行官と評価人は「現況調査報告書」と「評価書」を作成します。)

13競売の期間入札通知

「競売の期間入札通知書」が届いた時点で競売が実際に開始されるまで残された時間はほとんどありません。入札期間○月○日よりと通知がきます。
任意売却の最終期日です!裁判所が入札の2週間前までに入札にかけられる物件を掲示板に公告します。(裁判所が運営している「不動産競売物件情報サイト」でも公開されることになります。)

競売開始※選択肢はありません

14競売入札の開始

入札が開始されます。期間は1週間から1ヶ月の間。

15開札

別途定めた期日に開札が行われ、最高価買受申出人(最高金額で入札額の申し出をした人)が決まります。

16売却許可の決定

1週間後、買受申出人に対して売却許可決定が下されます。

17物件の明け渡し・退去

物件の所有者となった買受人に物件の引き渡しが行われます。場合によっては強制執行による明け渡しもあり得ます。多額の残債を抱えたまま、自費で引越しする必要があります。

差し押さえ・競売物件を高価買取できる理由

  • 社長が東京生まれ、東京育ちで都心の土地事情に強い。
  • バブル崩壊期から「事件もの」「訴訟絡み」の物件に特化し培った。
    28年以上の不動産取引ノウハウと買取力に自信がある。
  • 第二東京弁護士会の有名弁護士(故)田宮 甫先生に弟子入りし
    民法・民事執行法について学び数々の訴訟案件を経験。
    問題解決力に自信がある。
  • リフォーム、土地活用、条件改善など売買するための豊富な知識と
    選択肢
    を持っている。
  • 売却以外にも自社グループでの物件利用(社員寮・社宅・
    シェアハウス運営・外食事業・クリニック・サロン)ができる。

買取力NO1の訳あり物件買取センターへお任せください

コストを省いた高額買取

10957108

創業28年で培ったノウハウで他社に負けない高額査定をいたします。
引っ越し代や諸経費(相続登記費用も含まれます)は訳あり物件買取センター負担で損をさせません。

どんな物件も買い取ります

14412352

数多くの案件で訳あり物件買取センターからお断りした物件はゼロ。その買取力は不動産のプロや法律のプロから頼られるほどです。売却困難な案件ほど訳あり物件買取センターの実力が分かります。

スピード即金対応

32005733

即日の出張査定、最短即日の現金お渡し対応が可能です。即日1億円まで現金でお支払いが可能です。

査定価格と売買価格が同じ

38074093

訳あり物件買取センターは、査定価格=売買価格です。訳あり物件買取センターは解約、価格のつりさげをしないという証として売主様のご要望がない限り最短即日で現金一括決済いたします。一般的に2回以上に分けた支払いを行なう不動産業者が殆どですが、訳あり物件買取センターは現金一括決済をお約束します。

お客様の情報を守ります

27666967

買取案件を扱うのは社長と顧問弁護士だけ。社員や元社員からの情報漏えいは絶対に起きません。

まずはメールで査定依頼・お問合わせ買取依頼専用ダイヤル03-3418-2777売却をお急ぎの方はこちら080-4792-8546受付時間 平日9:00~18:00 定休日: 土日祝

訳あり物件買取センターからのアドバイス

任意売却の悩みを誰に相談したらいいのか?

pixta_17957192_m

「住宅ローンを滞納し督促状が届いた」「裁判所から通知書が来た」となるとまず弁護士に頼ろうと考える人が多いようですが、やめたほうがいいでしょう。彼らは法律のプロであり、不動産のプロではありません。彼らに相談をしたところで不動産の仲介・買取・売却はできません。そして直接相談を受けた弁護士や司法書士は、売却よりもまず自己破産や個人再生をしたがる傾向にあります。それらをすることで手数料を得るのが彼らの商売だからです。

では、不動産業者ならどこでも依頼していいのかというとそれも違います。
任意売却物件の問題を解決するには圧倒的な実績数と優れた提案力を持つ法律に強い不動産業者と弁護士両方のサポートが重要となります。必ず顧問弁護士がいる不動産業者に相談しましょう。
顧問弁護士がいることをアピールする不動産業者がありますが、実際に顧問料を払っているだけで、裁判はしたことがないという会社が多くあります。確認する方法として「実際にどんな場所のどんな案件を弁護士とやったことがあるか」聞き、「個人情報なので一切答えられません。」などの場合は信用しないほうがいいでしょう。

こんな弁護士に注意

  • 積極的に宣伝している法律事務所
  • 手数料を明確にしない弁護士事務所
  • 売主様が指定した不動産業者を切り、特定の不動産業者を指定してくる

中にはこんな弁護士も!

多額の借金を抱えたビルオーナーの顧問弁護士は、まず、オーナーが所有する一等地の収益ビルを、息のかかった不動産業者に安価で売却させて、その後、高値で売却し、多額の収益(数億円)を自分のポケットに入れてしまった。というとんでもない事例もございます。
→オーナーであるあなたが見つけてきた不動産業者の利用を拒否する弁護士には注意したほうがよいでしょう。
(仲間である不動産会社でないと転売ができないため)

訳あり物件買取センターには不動産取引に強い顧問弁護士がおりますので、ご安心ください。

過去の任意売却事例

ケース1一戸建て(8LDK)

相談内容

1

創業30年以上の老舗優良企業のオーナーだったが、長年の不況と銀行融資継続困難なため倒産。自宅の豪邸や湘南、ハワイの別荘も担保提供しており競売になったため、なんとかしたい。

訳あり物件買取センターの対応

当初、不動産仲介業者に自宅売却を依頼したが売却相場が債権額から著しくかけはなれた低価格でしか売却できないことを認識し断念。オーナーが債務整理を顧問弁護士に依頼し、その弁護士から訳あり物件買取センターに現金での債務整理の実務を依頼してきました。債権者には訳あり物件買取センターと訳あり物件買取センター顧問弁護士が対応し債務整理の交渉をおこないました。

お客様の声

競売にかかると一般人が知りえる不動産会社との売却依頼は、もはや不可能に近いんだという事を認識し手遅れになりそうであったが訳あり物件買取センターに助けてもらってよかった。もし競売を取り下げ任意売却せずに、競売のままで住んでいたら一家全員無一文でたたき出されるところだった。競売を取り下げ任意売却するには、一般的な不動産会社ではなく、莫大な資金力のある会社が現金で債務整理をしなければ出来ない事も初めて知った。

ケース2店舗付住宅

相談内容

2

金融機関への返済不能になり本件土地の売却を一般の不動産会社に依頼したが、購入希望者が数人現れるも全て自営業の購入希望者であったため、融資困難により売却不能になったあげくタイムアウトで競売へ。希望は任意売却しても本地をリースバック(オーナーが借主となる事)していきたい。

訳あり物件買取センターの対応

駅前好立地だったためリースバックの条件を承諾し競売取り下げ訳あり物件買取センターへ任意売却。

お客様の声

こんなにも金融機関が自営業者に融資審査が厳しいと自営業の売主は苦しくても自営業の買主には売却困難なので商業向き不動産を所有するのが恐怖だ。

ケース3一棟マンション

相談内容

pixta_24023415_m

会社を正常化するため一棟マンションと別荘の競売を取り下げ訳あり物件買取センターに任意売却し、債務整理をすすめながらオーナーの右腕として企業コンサルティングをしてもらいたい。

訳あり物件買取センターの対応

別荘と一棟マンションは無断転借人の強制退去、遅延賃料の全額回収、強制解約、リノベーションなどを行い訳あり物件買取センターへ競売取り下げ任意売却。会社は社長より株式の51%を取得し好意的買収後、訳あり物件買取センターの資金を投入し、見事再生。

お客様の声

競売取り下げ訳あり物件買取センターに任意売却した時に、手元に1000万円以上の現金が残り、会社の存続ができるは、思わなかった。知識もないのに一般の不動産会社や弁護士に相談しないでよかった。

ケース4分譲マンション(1部屋)

相談内容

pixta_24022316_m

医師の節税名目の投資用マンションとして不動産会社に言われるがまま利回り物件を50件以上買わされ、空室が目立ち始め、リーマンショックとマンションの老朽化に伴い価格が大幅に下落し、節税はおろか返済額と賃貸収入のバランスがくずれ競売に。債務整理し借入金を減らしたい。

訳あり物件買取センターの対応

すべてのマンションを現金にてバルク買いし、競売取り下げいたしました。

お客様の声

電話営業の投資会社に引っかかったのが失敗のはじまりでした。バルク買いのできる企業を紹介してもらったおかげで任意売却が出来てよかった。

過去の差押または競売物件買取実績

種類 エリア 敷地面積
中古戸建 港区白金台 35坪
中古戸建 港区麻布十番 50坪
中古マンション 港区六本木 100㎡
中古一棟マンション 世田谷区弦巻 25世帯
中古戸建 目黒区東が丘 35坪
中古マンション 新宿区荒木町 39㎡
不動産売却プランナー