再建築不可

再建築不可物件を買取業者に売却するのはちょっと待って下さい。瑕疵担保責任を理由に物件を買い叩かれたり、一方的に契約破棄をさせられたりといったトラブルに巻き込まれる危険性もあります。中には最初から金銭を巻き上げるために詐欺まがいの行為を行う悪徳な業者も。トラブルに巻き込まれないために、事例と知っておきたいポイントをご紹介します。 廣瀬先生の紹介 訳あり物件買取センターでは、不動産の専門家である廣瀬先・・・

記事を読む »

不動産を売却するならまずは不動産会社(仲介業者)に相談……という方も多いかと思います。確かに物件を売るなら仲介業者という選択は間違いではありません。ただし、「流通する通常物件」が前提ということを知っておく必要があります。再建築不可物件の場合は扱っている会社が少なく売りづらいのに加えて、「再建築不可」という弱みを突かれてトラブルになるケースも多々あります。 不動産仲介業者に再建築不可物件の売却の仲介・・・

記事を読む »

「家を売却しようとしたのに、ほとんど値段がつかなかった!どうして?」 住み替えのタイミングで、今まで住んでいた古い家を売却したいのに、いざ査定に出してみると「二束三文にしかならなかった」という「信じられないようなケース」が稀にあります。 なぜそうしたことが起こるのでしょうか? 理由はさまざま考えられますが、1つの理由としては「その建物が『再建築不可物件』だったから」という場合もあります。 再建築不・・・

記事を読む »

皆さんは「再建築不可物件」というものをご存じでしょうか。再建築不可物件とは、その名の通り「建て直せない建物」のことをいいます。 火災や震災が発生した際に「避難経路」を確保するために、2m以上、公道に接していることが、日本の建築基準法で義務付けられています。しかし、その基準を満たせない場合は、新しく住居を建てることができないのです。 そのため、再建築不可物件は市場価値が低く、売却するのは、極めて困難・・・

記事を読む »

知人男性に「自宅を1,600万円で買い取る」と嘘をついて転居をさせ、家族で男性宅に約10ヶ月間住み、家賃換算で70万円の利益を詐取した男が逮捕されました。 このような明らかな詐欺行為は論外ですが、結果として同じようなことが不動産取引の現場で起きることがあります。売れない物件を「売れる!売れる!!」と言いながら仲介契約を結んだものの、結局買い手がつかず半年以上物件を野ざらしにする仲介会社。犯罪行為で・・・

記事を読む »

物件は登記によって所有者が決まりますが、必ずしも1人の所有物になっているとは限りません。夫婦での共有になっている物件や遺産分割協議がまとまらない物件の場合は共有物として持分しか使えず共有者の同意なしに売却することも不可能です。 共有持分の売却には弁護士への相談が一番!と考えていませんか?実はそれは間違いなのです!弁護士では共有持分物件の買取は致しません。弁護士は共有持分売却の際には当社のような買取・・・

記事を読む »

消費税が5%から8%になってから数年、再び消費税増税の動きがあります。今度は8%から10%に上げることを試みているようですが不動産においては2%が大きな価格差につながります。 それでは、家を売却する場合は消費税がどのように関わるのでしょうか?やはり増税する前に売った方が良いのでしょうか? 本記事ではそんな疑問を解決します。 増税による売価への影響はほぼありません! まず、個人がマイホームを売却する・・・

記事を読む »

再建築不可物件であることを理由に古い建物に住み続けている人、空き家として放置している人は地震などの自然災害による倒壊のリスクにご注意ください。建物を意図的に壊した場合でなくとも建築基準法をクリアしない限り自然災害の場合でも再建築が認められません。 再建築不可物件をお持ちなら倒壊リスクにすぐ対処すること、資産価値や利用価値の点でメリットがない再建築不可物件は早く売却することを心がけてください。 再建・・・

記事を読む »

両親が亡くなり実家が空き家になったら不動産売却をしましょう。たとえ人が住んでいなくても管理保全する義務はありますし固定資産税もかかります。そのため、収益化したり住んだりしない限り負担になるでしょう。 特に、建築基準法の問題で買い手がつきづらい再建築不可物件であったなら一般的な不動産業者での買取が難しいため、再建築不可物件の空き家は専門の買取業者へご相談ください。 人口減少により空き家が増加 人口減・・・

記事を読む »

崖条例で再建築不可?

2019年01月11日(金)
土地の一部が崖になっている崖地や段々畑になっている・高低差のある土地は土地利用が難しいことから値段が安くなりがちですが、良い見晴らしや日当たりの良さから人気のある土地です。ですが、土地の近くに崖がある場合も注意すべきことをご存知ですか?崖の上や崖の下にある土地は再建築不可物件の可能性があります。こちらでは近くに崖がある土地の制約に関わる崖条例と、崖条例に引っかかる土地を売却するときに注意すべきこと・・・

記事を読む »

次のページへ »

不動産売却プランナー