住宅ローンの滞納は恐ろしい結末が待っている?
早めに金融機関に連絡すべき理由

2019年12月18日(水)

住宅ローンは何十年も続く借金です。そのため返済の途中に急なリストラなどで職を失ったり、病気、減給、また離婚といったことから滞納してしまう可能性は常に考えられます。また、たまたま口座にお金が残っておらず滞納してしまうということもあるでしょう。たまたまであったとしても、その記録は残るため、金融機関などの審査に影響することも考えられます。

しかしこのたまたまの滞納であっても、延滞損害金が翌日から発生するため返済が遅れればそれだけ余計なお金がかかってしまうのです。早めに金融機関に連絡し相談すればやむを得ない事情であれば条件変更など対応してもらえる可能性もあります

引用元:住宅ローン「滞納後」にたどる恐ろしい道のり livedoorNEWS

延滞が続き、その連絡をしないままでいると督促状が届き、そうなると家が競売にかけられる可能性が出てきます。連絡をしなかったばかりに家を差し押さえられるだけでなく、残った住宅ローンと延滞損害金を一括返済することを求められてしまうのです。そうなると自己破産という結末が待ち受けています。
そのような結末を迎えないためにも、住宅ローンの返済が難しい場合には早めの対処を考える必要があります。

対象エリア東京都・神奈川県

このエリアは、どこよりも高価買取を保証!

特に高価買取できる好立地エリア特に高価買取できる好立地エリア

まずはメールで査定依頼・お問合わせ
まずはメールで査定依頼・お問合わせ買取依頼専用ダイヤル03-3418-2777売却をお急ぎの方はこちら080-4792-8546受付時間 平日9:00~18:00 定休日: 土日祝
  |  

不動産売却プランナー