【孤独死の特殊清掃費は無料にできる】元警察官への実録インタビュー

【孤独死の特殊清掃費は無料にできる】元警察官への実録インタビュー

2020年05月13日(水)

警察官が語るリアルな事故現場。「孤独死」は物件へのダメージが一番大きい

  • なるほど。調査から特殊清掃までの流れについて理解できました。
    ありがとうございます。
    ところで「孤独死」については、近隣住民が「異臭」に気づいて発見されるケースが多いとよく聞きます。やはり、そういったケースが多いのでしょうか?

  • そうですね。亡くなられた方から放たれる「死臭」は、ほかのものには一切例えられない「特殊な臭い」です。死後3日経過したあたりから発生します。

    「あの家から強烈な臭いがする」といった通報を大家さんや近隣住民の方々から受けて、警察が慌てて駆け付けるといったケースが大半です。外から臭いを嗅いだだけで警察官は「死臭」だとわかります。

  • なるほど…。非常に特徴的な臭いなのですね…!
    「物件への損傷・ダメージ」という観点で見た場合、孤独死・自殺・他殺では、どれが一番大きいのでしょうか。

  • 物件への損傷ダメージが大きいのは、圧倒的に「孤独死」です。
    損傷ダメージ順に並べると孤独死>自殺>殺人になります。
    孤独死の場合、誰にも気づかれずに、1週間以上放置されていることも少なくないため、どんどん腐敗が進行するのです。

    ご遺体の損傷が激しすぎる場合、フローリングを全て取り替えなくてはならないケースもあるんですよ。加えて、部屋中には「強烈な臭い」が充満していますから「オゾン脱臭」を行って臭いを除去しないと、入居者を募集できないこともあります。

  • 孤独死の場合、原状回復に「並々ならぬ作業」が発生するのですね。

  • その通りです。

  • それにしても、お話を聞く限り、現場は凄惨ですね。私だったら、トラウマになってしまうかもしれません…。

  • 新米警察官として、初めて事故現場を担当した当夜は、さすがに眠ることができませんでした。ビジュアル的なインパクトもそうですが、事故現場特有のにおいがきつかったですね。ちょっとやそっとではとれないので、臭いが鼻に焼き付いてしまって。今ではもう慣れましたが…

  • 慣れるものなのですね。自分だったら、慣れる自信がありません…。警察官の方や特殊清掃会社の方には、心底頭が上がりません。

真実を浮き彫りにするために。警察官は「命がけ」で火事現場に向かう

  • 話は変わりますが、「火事現場の調査」についてもお伺いしたいです。火災が起きると、損傷が激しいので「調査の難易度が上がる」と聞いたことがあるのですが、実際はどうなのでしょうか。

  • そうですね。火事現場は「ご遺体の発見が非常に難しい」のが特徴です。
    ご遺体が、真っ黒こげになってしまうので、燃えきった瓦礫(がれき)と見分けがつきにくいのです。不注意でご遺体に損傷を与えてしまったことがあり、それからは、細心の注意を払うようになりました。

  • 瓦礫と見分けがつかないくらいとは…!火事現場の調査のむずかしさを痛感しました。
    足元ももろくなっているでしょうから、警察官の方も命がけでしょうね。

  • そうですね。足元もおぼつかないですから、正直「怖い」という気持ちは大きかったです。しかし、ご遺体をきれいな状態で持ち帰り、検視することで「事件性」に気づけることもあります。ですから、決して手は抜きませんでした。

    たとえば、普段持病の無い方に注射痕があれば「睡眠薬で眠らされた可能性」が浮き彫りになりますよね。そうした証拠が事件解決につながることもある。だからこそ警察官は懸命に調査をするのです。

  • なるほど。火事現場は非常にセンシティブなのですね。警察官の方々のご苦労や並々ならぬ努力についても、よく理解することができました。ありがとうございます。

  • いえいえ、とんでもないです。

不動産会社や特殊清掃業者しか知らない「心理的瑕疵(かし)物件」の真実

  • あともう一つ質問があります。自殺や他殺、孤独死などが起きた物件の場合、次の住人には、その旨を伝える義務があるという話を聞いたことがあります。
    実際のところ、どうなのでしょうか。

  • そうですね。おっしゃる通り、告知義務があります。
    原状回復でキレイになったとしても、事故物件に「住める」人は少数派です。そのため、事故が起こった際には、必ず新しい住人に、告知しなければならないんですよ。

  • やはり、告知義務があるのですね。

  • はい。必ず告知しなければなりません。
    こういった、心理的抵抗が働きやすい物件のことを「心理的瑕疵物件(しんりてきかしぶっけん)」と呼びます。

    事故物件においては、殺人や自殺が起きた物件への「心理的瑕疵」が大きく、「孤独死」が起きた物件については「全く問題視しない人」がほとんどです。

  • 先ほど、物件への損傷という観点では「孤独死」のダメージが一番大きいという話がありましたが、心理的瑕疵の順序とは真逆なのですね!

  • そうなんです。真逆なのですよ。
    損傷ダメージ順に並べると孤独死>自殺>殺人ですが、心理的瑕疵で考えると殺人>自殺>孤独死の順になるのです。
    このことは、世間一般の人は、ほとんど知らないかもしれないですね。

  • そうですね。私自身も、初めて知りました…!

固定ページ: 1 2 3

対象エリア東京都・神奈川県

このエリアは、どこよりも高価買取を保証!

特に高価買取できる好立地エリア特に高価買取できる好立地エリア

まずはメールで査定依頼・お問合わせ
まずはメールで査定依頼・お問合わせ買取依頼専用ダイヤル03-3418-2777売却をお急ぎの方はこちら080-4792-8546受付時間 平日9:00~18:00 定休日: 土日祝

中古一棟物件買取

検索

失敗しない!訳あり物件売却の極意コラム紹介
Return to Top ▲Return to Top ▲