コラム

両親が亡くなり実家が空き家になったら不動産売却をしましょう。たとえ人が住んでいなくても管理保全する義務はありますし固定資産税もかかります。そのため、収益化したり住んだりしない限り負担になるでしょう。 特に、建築基準法の問題で買い手がつきづらい再建築不可物件であったなら一般的な不動産業者での買取が難しいため、再建築不可物件の空き家は専門の買取業者へご相談ください。 人口減少により空き家が増加 人口減・・・

記事を読む »

崖条例で再建築不可?

2019年01月11日(金)
土地の一部が崖になっている崖地や段々畑になっている・高低差のある土地は土地利用が難しいことから値段が安くなりがちですが、良い見晴らしや日当たりの良さから人気のある土地です。ですが、土地の近くに崖がある場合も注意すべきことをご存知ですか?崖の上や崖の下にある土地は再建築不可物件の可能性があります。こちらでは近くに崖がある土地の制約に関わる崖条例と、崖条例に引っかかる土地を売却するときに注意すべきこと・・・

記事を読む »

「一軒家しか親から遺産相続するものなんてないし、うちにはトラブルなんて無縁!」そう思っていませんか? 実は急に家(不動産)を相続するタイミングになって、「共有名義を今後どうするか」、「家を売るかそれとも住むか」を巡って、仲が良かった家族が親子・兄弟姉妹で対立するケースが意外に多いのです。 そうならないために、事前にどういう話し合いをすればいいのか、急に相続となった場合に解決する方法をご紹介します。・・・

記事を読む »

電気、ガス、水道といったライフラインは一般的な物件であれば通っていて当たり前のもの。 しかしライフラインの経路によっては隣地の所有者から許可が求められる場合もあるのです。とくに再建築不可物件の売却を考えている人はライフラインの状況をしっかり確認しましょう。 ライフラインに問題がある場合は買取拒否する業者が多いので、当社のような買取専門業者へご相談くださいね。 ライフラインに問題のある再建築不可物件・・・

記事を読む »

計画的に借りたはずなのに、気づけば月々の支払いに追われるローン地獄!これは身の丈以上に高額な家を買ってしまった証拠です。最近のローンは低金利で審査が緩いところも増え、借入もしやすいため身の丈以上のローンを組む事も可能になっています。 今回はローン地獄に陥って自己破産したケースを紹介しますが、ローン地獄や自転車操業のリスクは誰でも抱えていることをご理解いただけると思います。 一番有効的な解決方法は「・・・

記事を読む »

共有物件の売却は難しく、単独で売買することは認められていません。共有物件が問題になりやすい相続や離婚の時ですがうまく売却する方法はないのか?不動産そのものは売れなくても自分の持分のみをお金に換えることはできないのか? こちらでは共有名義の物件を売りたい方によくある疑問にお答えします。 共有持分の自分の持分のみの売却は可能 共有名義の物件は自分1人では処分ができず、使い続けるにしても他の共有者との関・・・

記事を読む »

被相続人の財産を受け取ることができる相続は時に悩みのタネとなります。 その理由は相続財産の形が多様な事が多く、例えば不動産を相続した場合は手続きにお金と時間がかかるし、維持管理の費用も無視できません。そこで売却される方も多いのですが再建築不可物件のように利用しづらい土地は買い手が見つかりづらいのが現状です。 再建築不可物件の利用や処分に困った時はぜひ再建築不可物件・事故物件などの訳あり物件専門家で・・・

記事を読む »

ローンが支払えなくなると、担保権を実行して家を差し押さえられてしまいます。自宅を差し押さえられると、当然追い出されることになってしまいます。しかも競売では到底残債をまかなうことは出来ないでしょう。 こちらでは差し押さえによる競売を回避する方法を紹介いたします。 家が差し押さえられた際の回避方法 家が差し押さえられたら、競馬ににかけられ相場よりもずっと低い金額で売られてしまいます。競売とは債権者の権・・・

記事を読む »

ローンを払えずに家を差し押さえられてしまった時、待っているのは競売です。競売とは差し押さえ後に行われるオークションのことで市場価格より大幅に安い値段になってしまいます。残債を減らし安全を守るためには競売を避けたいところですが、家が差し押さえられても売却できるのでしょうか? 家が差し押さえられて売却は可能です! 私たちの生活にとって住まいは欠かせないもの。家を差し押さえられると生活は一変してしまうで・・・

記事を読む »

近年では共働きのご家庭も多く、夫婦2人で住宅ローンを支払うために自宅を共有名義で購入するケースも増えてきています。もちろん、マイホームを買うときは誰しも夫婦ふたりで頑張ってローンを返済していこうと思うわけですが、事情があって離婚をされる方も少なくありません。自宅を共有名義で購入すると、離婚時にさまざまなトラブルが発生します。どのようなトラブルが発生しうるのか、どうすれば良いのかを考えてみましょう。・・・

記事を読む »

« 前のページへ - 次のページへ »

不動産売却プランナー