コラム

これまで、土地の所有者が死亡した場合に自動的に相続義務が発生しても登記は義務ではなかったため、再建築不可物件や事故物件などを高く売れるまで相続登記をしないで放置している所有者が全国的に増加している状況でした。 他にも義務化されていなかったことで必要意義を感じずに相続登記を放棄している所有者も多いことから、法制審議会の民法・不動産登記法部会で「土地相続登記の義務化」と、「罰則」を設けられることが12・・・

記事を読む »

離婚する際に問題となるのが「家やマンションをどうするか?」ということ。特に夫婦共同名義で購入した物件は「共有持分」となっています。家を売却して住宅ローンを完済した上で財産分与を行うというケースも多いのですが、その際には多くの税金がかかります。今回はある夫婦の事例から、共有持分の物件を売却した際にかかる税金について考えていきましょう。 共有持分の売却で税金が高いハードルに 【登場人物】 夫(45歳)・・・

記事を読む »

「離婚がキッカケで競売になるってどういうこと?」 この記事のタイトルを読んだ方の多くが、このような感想を抱くのではないでしょうか。 まるでドラマのなかの話のように思えますが「一切フィクションなし実話」です。自宅が競売にかけられるキッカケは、思いもよらぬところに潜んでいるのです。 「競売…他人事じゃないかも!」「自宅が競売にかけられるかもしれない!」と不安に思う方は、このインタビュー記事を是非とも読・・・

記事を読む »

都内一等地の不動産売却で仲介業者の真実を見た!体験者に直撃取材! 「所有している物件を売却したい」となった際、その相談先として真っ先に思い浮かぶのが「不動産仲介会社」ではないでしょうか。CMなどで目にする不動産仲介会社の姿から「信頼感」や「実直さ」など、ポジティブなイメージを抱いている方が少なくないと思います。しかし、それは“表向きの広告イメージ”にすぎません。 ほとんどの方はご存知でないと思いま・・・

記事を読む »

ギャンブル三昧で住宅ローン滞納!妻も道連れ、連帯保証人の恐怖 共に愛を誓い合った夫婦にとって、最も大きな買い物の一つに挙げられるのが「マイホーム」。マイホームを持つことは、“誰もが憧れる夢”の一つであり、生涯にわたって付き合うことになるかけがえのない財産でしょう。 しかし、マイホームの購入には「住宅ローン」がつきものです。住宅ローンは数十年もの長い年月に渡って支払い続けるものなので、返済計画をしっ・・・

記事を読む »

親の遺産を相続、共有持分が招いた壮絶な兄弟戦争 ドラマなどでもたびたびテーマとして取り上げられる「遺産相続トラブル」。他人事と思いがちですが、誰の身にも降りかかる可能性のある日常的なトラブルの一つです。とりわけ、遺産相続をめぐる兄弟間の争いは古今東西で絶え間なく勃発しています。まずは、遺産相続をめぐる典型的なトラブルエピソードをご覧ください。 遺産相続をめぐる泥沼ストーリー 【登場人物】母親(75・・・

記事を読む »

物件は登記によって所有者が決まりますが、必ずしも1人の所有物になっているとは限りません。夫婦での共有になっている物件や遺産分割協議がまとまらない物件の場合は共有物として持分しか使えず共有者の同意なしに売却することも不可能です。 共有持分の売却には弁護士への相談が一番!と考えていませんか?実はそれは間違いなのです!弁護士では共有持分物件の買取は致しません。弁護士は共有持分売却の際には当社のような買取・・・

記事を読む »

消費税が5%から8%になってから数年、再び消費税増税の動きがあります。今度は8%から10%に上げることを試みているようですが不動産においては2%が大きな価格差につながります。 それでは、家を売却する場合は消費税がどのように関わるのでしょうか?やはり増税する前に売った方が良いのでしょうか? 本記事ではそんな疑問を解決します。 増税による売価への影響はほぼありません! まず、個人がマイホームを売却する・・・

記事を読む »

再建築不可物件であることを理由に古い建物に住み続けている人、空き家として放置している人は地震などの自然災害による倒壊のリスクにご注意ください。建物を意図的に壊した場合でなくとも建築基準法をクリアしない限り自然災害の場合でも再建築が認められません。 再建築不可物件をお持ちなら倒壊リスクにすぐ対処すること、資産価値や利用価値の点でメリットがない再建築不可物件は早く売却することを心がけてください。 再建・・・

記事を読む »

両親が亡くなり実家が空き家になったら不動産売却をしましょう。たとえ人が住んでいなくても管理保全する義務はありますし固定資産税もかかります。そのため、収益化したり住んだりしない限り負担になるでしょう。 特に、建築基準法の問題で買い手がつきづらい再建築不可物件であったなら一般的な不動産業者での買取が難しいため、再建築不可物件の空き家は専門の買取業者へご相談ください。 人口減少により空き家が増加 人口減・・・

記事を読む »

次のページへ »

不動産売却プランナー